top of page

自分時間を確保するためには、子供の自立も重要

今日は自分時間を確保するには、

子供の自立も重要ポイント!


育児と家事の日々に追われ、

自分の時間を確保することはなかなかのものです。

でも

子供が自立し、自分のことを自分でできるようになると、

親としての時間と心の余裕も生まれてきます。

今日は、私が取り組んでいる子供の自立を促す方法についてお話しします。


子供の日常的なタスクを子供に任せる


まずは


子供に日常的なタスクを自分で行う機会を与えてみましょう。

食事後の皿洗いや自分の部屋の掃除など

年齢に応じた家事を子供に任せてみてください。


最初はヘンテコなことになるかもしれませんし

逆に汚れることもあるかもしれませんが

それは子供の成長過程です。


子供のやり方を受け入れ、待つことが大切です。


肯定的なフィードバック


子供が何かを自分でやったときには、その行為を認め、ほめてあげるです。


「自分でやってみる」という経験を増やすことは、

子供は自分で考え行動するようになってきます。


子供も何事も経験が必要ってことですね。



経験を積ませる


家事のやり方を知り、実際に行動する経験を増やすことで、

子供は自分で考え、行動する能力を身につけます。

親として、子供に機会を与えてあげて

失敗や成功を経験させてあげてみてください。


ここで大切なことは

ジャッジしないです。


○○ありがとうの言葉を添えることです。


完璧さよりも、できるを重要視



我が家では、完璧さよりも、

家事でいえばやり方を知っていることを大切に考えています。

親として、何をやるにしても完璧を求めるのではなく

自分で考えて行動する、いろんな体験をする楽しさを与えて

子供の成長を楽しむことが大切です。


子供の自立は、親子の関係を深め、

親の時間と心に余裕がでてきます。


自分の時間を確保して

心の余裕を作るもう一つは


つづく



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page